05. 11月 2012 · ダイヤモンドはなぜ硬い? はコメントを受け付けていません。 · Categories: ダイヤモンドはなぜ硬い?

ダイヤモンドの硬度は、炭素元素が作る共有結合に由来しています。ダイヤモンドは炭素原子が正四面体の中心に有る場合には、近い炭素の原子は四面体の頂点にあります。頂点の炭素原子に関しては、それはsp3混成軌道によって結合され、理想的な角度といえます。結合長は1.54A。この結晶構造を持っているダイヤモンドは立方晶ダイヤと呼びます。それに対して、炭素の同素体であるグラファイトは、層状の六方晶構造をしており、この層内の炭素の結合はsp2混成軌道を形成しています。
More »

12. 11月 2012 · カラーダイヤモンド はコメントを受け付けていません。 · Categories: カラーダイヤモンド

ダイヤモンドは無色透明よりも、黄色を帯びているもの、褐色のものが多数になっています。結晶構造が歪んでいると、窒素、ホウ素などの元素によってダイヤモンドには着色が起こることになります。無色透明のものは、自然とその中で価値が高くなっていき、黄色や茶色などの色がついているものは価値が落ちていってしまいます。そのうち、ブルー、ピンク、グリーンなどのように希少価値があるものもあります。これは、場合によっては無色透明のものよりも高額で取引されることもあるものです。低級といわれているイエローダイヤモンドもありますが、その中には貴重な黄色であるとされるカナリー・イエローと呼ばれるものもあります。2010年に南アフリカで発見されサンドロップと名付けられたイエローダイヤモンドもありますが、これはサザビーズにて非常に高い評価をつけられたイエローダイヤモンドであり、最も希少で最も魅力的な「ファンシー・ビビッド・イエロー」の鑑定書がつけられました。ジュネーブにて行なわれた2011年11月の競売では、1000万スイスフラン、約8億4000万円の値がつけられて落札されています。 More »

4C

19. 11月 2012 · 4C はコメントを受け付けていません。 · Categories: 4C

ダイヤモンドの品質の基準として、GIAによって考案されました。その内容は、色、透明度、カラット、カットという四つの項目があります。それによって、ダイヤモンドの品質を判断することになるのです。ラウンドブリリアントカットに対して評価がされることになりますので、そのほかのカットの場合には、カットの種類のみが鑑定書に記載されることになります。
最近では、ダイヤモンドの品質を判断するための4Cだけではない、見た目の美しさに対して価値を決定する指標を考える必要があるというように、存在価値そのものが見直されてきているものでもあります。ダイヤモンドの品質の基準として、GIAによって考案されました。その内容は、色、透明度、カラット、カットという四つの項目があります。
More »

26. 11月 2012 · ダイヤモンドの工業用途 はコメントを受け付けていません。 · Categories: ダイヤモンドの工業用途

高温高圧の処理によって、合成された工業用ダイヤモンドは、高価なものであるとはいえなくなります。工業用ダイヤモンドといっても様々なものが存在していますが、たいていのものは金の10分の1以下の価格での取引が行なわれていることが普通です。ダイヤモンドは工業目的で使う場合には、最大の特徴として考えられているのがその硬度です。工業用ダイヤモンドや、宝飾品に使うことができない色の天然の結晶を使うことで、電子材料、超硬合金、セラミックやアルミニウム系の合金、ガラスといった高硬度材料、加工が難しい材料の研磨や研削などのため、または切削用バイト、木材加工といった目的でも幅広く使っていくことができます。
工業用ダイヤモンドは、用途によっても違いますが、数なのメートルから数ミリメートルまでの粒径、形状、破砕性、表面状態などによって多くの品種が存在しています。
バイトに関しては超硬合金を基盤として、ダイヤモンドをコバルトと焼結することによって、ダイヤモンド焼結体とした場合のことを刺すこともあります。
More »