21. 12月 2012 · ダイアモンドとカラーストーン はコメントを受け付けていません。 · Categories: ダイアモンドとカラーストーン

宝石の中でも、他のものと比べたときにダイヤモンドについては次のような理由でその他の宝石とは異なっています。宝石は、ダイヤモンドとそれ以外のカラーストーンというように分けられています。

1:ダイヤモンドは、宝石の王様といわれるほどに比べようのない輝きと美しさを持っているものであり、現存する物質の中では最も硬度のある物質になります。それに対してカラーストーンの場合は、その色によって価値が決められることになります。
2:ダイヤモンド原石の場合、デ・ピアスというシンジケートによって供給が支配されている状態です。価格を供給側で決定をすることができるものですが、それ以外の宝石の場合にはたいていは自由競争であり需要と供給の法則に従い価値が決定されることになります。
3:ダイヤモンドに関しては、グレーディングの基準が現在では確立していますが、それ以外の宝石では真珠以外では、グレーディングシステムが存在しているわけではなかったので、同じ品質のものであってもそれぞれの業者によって評価が大きく変わるということもあります。
4:ダイヤモンドは客観的な部分を持つものですが、それに対してカラーストーンは主観的な要素であるといえるでしょう。

Comments closed.