26. 11月 2012 · ダイヤモンドの工業用途 はコメントを受け付けていません。 · Categories: ダイヤモンドの工業用途

高温高圧の処理によって、合成された工業用ダイヤモンドは、高価なものであるとはいえなくなります。工業用ダイヤモンドといっても様々なものが存在していますが、たいていのものは金の10分の1以下の価格での取引が行なわれていることが普通です。ダイヤモンドは工業目的で使う場合には、最大の特徴として考えられているのがその硬度です。工業用ダイヤモンドや、宝飾品に使うことができない色の天然の結晶を使うことで、電子材料、超硬合金、セラミックやアルミニウム系の合金、ガラスといった高硬度材料、加工が難しい材料の研磨や研削などのため、または切削用バイト、木材加工といった目的でも幅広く使っていくことができます。
工業用ダイヤモンドは、用途によっても違いますが、数なのメートルから数ミリメートルまでの粒径、形状、破砕性、表面状態などによって多くの品種が存在しています。
バイトに関しては超硬合金を基盤として、ダイヤモンドをコバルトと焼結することによって、ダイヤモンド焼結体とした場合のことを刺すこともあります。

ダイヤモンドに関しては、高温の環境においては鉄、コバルト、ニッケルといったものと化学反応を起こしやすい状態になってしまいます。これが、鋼などの鉄基合金や耐熱合金の切削として使うためにはあまり向いていないという理由になっています。ダイヤモンドを使うことができない部分では、立方晶窒化ホウ素の焼結体が代用品として使われています。
プラズマCDVなど、気相合成法によってダイヤモンドのコーティングがされることもあります。一部のドリルなどでは、これは既に実現されているのです。高温高圧の処理によって、合成された工業用ダイヤモンドは、高価なものであるとはいえなくなります。工業用ダイヤモンドといっても様々なものが存在していますが、たいていのものは金の10分の1以下の価格での取引が行なわれていることが普通です。ダイヤモンドは工業目的で使う場合には、最大の特徴として考えられているのがその硬度です。工業用ダイヤモンドや、宝飾品に使うことができない色の天然の結晶を使うことで、電子材料、超硬合金、セラミックやアルミニウム系の合金、ガラスといった高硬度材料、加工が難しい材料の研磨や研削などのため、または切削用バイト、木材加工といった目的でも幅広く使っていくことができます。
工業用ダイヤモンドは、用途によっても違いますが、数なのメートルから数ミリメートルまでの粒径、形状、破砕性、表面状態などによって多くの品種が存在しています。
バイトに関しては超硬合金を基盤として、ダイヤモンドをコバルトと焼結することによって、ダイヤモンド焼結体とした場合のことを刺すこともあります。
ダイヤモンドに関しては、高温の環境においては鉄、コバルト、ニッケルといったものと化学反応を起こしやすい状態になってしまいます。これが、鋼などの鉄基合金や耐熱合金の切削として使うためにはあまり向いていないという理由になっています。ダイヤモンドを使うことができない部分では、立方晶窒化ホウ素の焼結体が代用品として使われています。
プラズマCDVなど、気相合成法によってダイヤモンドのコーティングがされることもあります。一部のドリルなどでは、これは既に実現されているのです。

LINK

Comments closed.